2021-12-28

大河ドラマ『青天を衝け』最終回を観て。渋沢栄一役の吉沢亮さん、前島密役の三浦誠己さん、制作に関わった皆さんに感謝!1年間ありがとう📺


NHK大河ドラマ『青天を衝け』、最終回を迎えましたね。
NHKプラスで何度も観ています。

最終回数日前に、ドラマが終わってしまうことで寂しくなってしまって、
吉沢亮さんのはんこを彫りました

もともと前島密役の三浦誠己さんだけを彫っておこう
と思っていたんですけど、
俳優として吉沢さんの栄一があまりに良かったので
これはカタチに残そうと思いました。

渋沢栄一のこと、埼玉出身者だけど、あまり知らなかった…

深谷市の出身の渋沢栄一のことは、埼玉の偉人としてとしか知りませんでした。

もしかしたら地元中学や高校で歴史の授業として習っていたのかもしれない。。

不勉強で申し訳ないですが、そこまで思い入れがなかったのは事実です。。

このドラマをみて、人物像がよりよくわかりましたし、なおも「論語と算盤」を読み返そうと思います。

徳川家の家臣だったこと、そして徳川慶喜との繋がりもここまで強かったということなどもこのドラマで学びました。

吉沢さんについては、目が澄んでキレイという印象を持っていましたが、

青年時代の藍色の爽やかな着物姿から、

政治家、実業家の円熟味まで演じきっていて

改めて素晴らしい役者さんだと感じ入りました。

明治の頃、老年時代を行きた姿を今回のはんこにしてみました。

「こんばんわ徳川家康です」のナビがわかりやすくかつフレンドリーで和めた

番組の冒頭に登場する北大路欣也さん、

最初は「え!欣也さんが家康としてこんな場面に!」と度肝というかびっくりしたんですが

途中から「こんばんわ徳川家康です」のセリフがないと物足りなく感じている自分がいました笑

尊厳があり、心優しく子孫である慶喜を見守る姿、素敵なおじいさん像がそこに見えました✨

小2の娘も欣也さん家康を見ると、「あ、イエヤスだー!」と冒頭を楽しみにしてる様子。

今までの大河の堅苦しい冒頭のイメージを打ち破ったような気がしました。

改正係で前島密が登場して胸高まる〜😚

血洗島で藍農家の長男として育つ姿、

徳川家に仕え、

幕末、明治新政府設立の時代、多くの志士登場で

素敵な俳優さんがわんさか登場するのも楽しみでした。

特に嬉しかったのは前島密の登場でした。

郵政記念館などで、郵便の父である前島密の知人で、前島密についてのメッセージが飾ってあったことで

渋沢栄一のドラマが放映されると聞いた時は、是非とも前島さんも劇中に出演してくれないかしら〜

と期待していました。

2021年4月に尊敬する前島さんの墓前にお参りした時の記事です👇

大河に前島さんが登場した時のよろこびを書きました👇

2021年は前島さんを大河で見ることができて
夢が現実になりました〜✨

前島さんを演じる三浦さんは最初着物姿のご登場でした。

新政府に入った頃の洋装姿をはんこにしました。

(洋装の画像がヒットしなくて、描くのがちょっと不安だったけどなんとか彫り上げました!)

2022新年には総集編も放映予定

2022年1月3日にNHK総合で総集編が放映される予定だそうですよ

おお!やったー!
実は何度か見逃している回もあるので
総集編でおさらいしようかな!

詳しい放映時間は以下のリンクにてどうぞ

https://www.nhk.or.jp/seiten/information/detail/info_1202.html

2024年の新札の登場も楽しみです〜💴

スポンサーリンク




関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA