2021-03-26

【水戸歴史散歩】大河ドラマ「青天を衝け」ロケ地「弘道館」で徳川斉昭と慶喜の息吹を感じる


以前から行ってみたかった水戸の弘道館に行ってきました!

徳川斉昭(なりあき)が建てた藩校だよね。大河ドラマでは竹中直人さんが演じているね。

水戸っていつも車で行ってたので、電車で水戸まで行ったのは久しぶりです。
(茨城県南住まいです)

斉昭の息子でもある七郎麻呂(しちろうまろ_のちの慶喜)が幼少期に教育をうけた、
ゆかりがある場所なんだって。
あの凛々しく七郎麻呂役を演じた子役の笠松基生くんも武芸を演じたりしていたよね✨

ドラマロケ地の弘道館まで水戸駅から徒歩で7分

JR水戸駅北口から、かの有名な「水戸黄門助さん格さん像」にごあいさつ。
徳川御三家のひとつ、水戸徳川家の地に降り立ちました。
いつもは車でおとずれていた水戸ですが、
常磐線で来て、徒歩であるくことで、水戸の街中がより理解できたらと思いました。

駅から徒歩でほどなくして弘道館の正門に着きました。
弘道館のまわりは高い建物もなく開放感があり、青空がきれいに見えました。
城壁で囲まれた「三の丸」の敷地の中に弘道館がありました。
三の丸の内部には、「県三の丸庁舎」、「県立図書館」、「三の丸小学校」なども設置されています。

弘道館は天保12年(1841)に水戸藩第9代藩主の徳川斉昭によって創設されたそうです。
敷地内にある小学校の子供たちの声がひびいて、とてものどかな場所でした。

こちらが徳川斉昭(なりあき)さんです。弘道館の対面の大手門(復元)の前の像です。
近いうち斉昭さんのはんこも彫りたいとおもうこのごろ!

大河ドラマの中でも、竹中さんが勢いのある書を書いていたシーンが印象的でした。

襖の持ち手にも「葵の御紋」がキラリ☆

ドラマの撮影ロケ地として俳優、竹中直人さんや津田寛治さんがいらっしゃったそうです。

慶喜が大政奉還後に謹慎したという部屋があるそうで、
「至善堂」という建物の奥まったところにある「御座の間」の部屋に4ヶ月籠っておられたそうです。

至善堂の外にある庭園には、斉昭が愛した梅をはじめ、いろいろな木が植えられていました。
私が訪れたときは、サンシュユの木の黄色い花が綺麗に咲いていました。
慶喜も謹慎中に庭の草木や樹木をながめたりしていたのかなあと想像しながら散策しました。

庭園の奥の方には創建当時、敷地の真ん中に位置していたという聖域ゾーンがあるのです。
そこは庭園を一旦出て、別の敷地に入っていくのですが、そのあたりのアプローチがちょっと聖域っぽかったです。
ちょうどお昼どきの時間でもあり、近くの三の丸庁舎の方々?かな?ビジネスマンの人々がお昼を買いにでかけてたり、小さい子とお母さんが散歩していたり、とってものどかな場所で癒されました。


その聖域内には「弘道館鹿島神社」もあり、
その手前には「至善堂」の床の間に飾ってある「要石歌碑拓本(かなめいしかひたくほん)」の原本というか原石が、
おおきな木の根本に鎮座していました。


そこの木陰の雰囲気がとてもよかったので、以下の動画で撮影してみました。
「至善堂」の床の間の拓本の原型が、こんなでっかい木の下にあると思うと、
ちょっとワープしたような楽しい気分になりましたよ。

歩くことで水戸の城址を体験できた

今回水戸市の「水戸学の道_散策マップ」をみながら散歩しました。

青とピンクと緑の全ルートを制覇!

途中、お昼ごはんをフルーツバスケットでいただきました。

全行程で3時間程度かかったと思います。
歩くことで、地形の高低、ながーい城壁、などを眺めることができました。地形の変化は車に乗っていたら、ほとんど気づくことがなかったと思います。

三の丸、二の丸、本丸と周りを巡ることで、現存はしていないけれど、過去に城があったんだなあ、ということを体感できました。

写真をとりわすれましたが、県立図書館の前にある、大きい土塁や堀が傾斜が急で以外と迫力がありました。

斉昭が整備した偕楽園や千波湖との繋がりも、垣間みえたような気がしました。

水戸にも東照宮が!

水戸東照宮は
水戸藩初代藩主徳川頼房が、徳川家康を祀る神社として創建されたそうです。

徳川頼房さんはこちらの方。
銅像が二の丸の中の「水戸第三高等学校」の校門前あたりにありました。

水戸東照宮では
小河ドラマ『徳川☆家康』の劇場版のお仕事をさせていただいたこともあって
徳川家康つながりでお参りさせていただきました。


小河ドラマ『徳川☆家康』ぜひ、劇場で、そしてテレビ放映でお楽しみください。


(劇場版)

3月27日(土)~4月2日(金)

渋谷ユーロスペースにて特別上映!※劇場上映に関する最新情報はTwitter・Instagramをご覧ください

放送情報
(ドラマ版・全4話)

3月31日(水)深夜

関西テレビにて全4話放送予定第1話 3月31日(水)深夜2時05分~
第2話 4月7日(水)深夜2時05分~
第3話 4月14日(水)深夜2時20分~
第4話 4月21日(水)深夜1時55分~

5月22日(土)よる9時00分~ 

時代劇専門チャンネルにて全4話一挙放送予定!
(時代劇専門チャンネルだけの【特別編】
「大物時代劇俳優 白川新太郎が編集をしてみた」も放送)

Twitter『小河ドラマ 徳川☆家康』@taiga_janaiyoでアフタートークなどの最新情報をご確認くださいね。

こちらの記事が過去の小河ドラマの2作も紹介されていて、とってもおすすめです!

スポンサーリンク




タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA