2021-12-15

年賀状の引き受けがスタート!12月15日から25日に年賀状を投函すると元日に届くよ😃年賀状素材をPIXTAで販売中🎍LINEで年賀状が送れる日本郵政「スマート年賀」も気になる


2021年もあと半月か、、、
いろいろあった1年だったなあ、、

オリンピック・パラリンピックも開催されましたね。

来年への用意として、
年賀状の投函だーー

あと確定申告の準備と
2022年1月1日に施行される「電子帳簿保存法の改正」で
クラウド経理の電子データ保存法を確認しとかないと!

依頼されたはんこのお仕事とともに
あと17日間、がんばるぞーーーーー!!!!!

PIXTAで年賀状素材発売中です

PIXTAで年賀状素材発売中です。ご興味ある方はぜひご覧になってください。

https://pixta.jp/illustration/84543769

はがき印刷にご利用の際は、Mサイズからのご購入になります。

正直、年賀状を用意するのって、億劫だと思います。

はんこやスタンプが好きな私ですら、そう思いますもん。。。

ああ、早めにやらないと、25日ごろにあたふたするっ

てわかっていながら、後回しにしちゃったり。。。

クリスマスも大掃除もあるし、今年も感染症の影響で小学校の冬休みも短縮されちゃったし。。。

でもですよ、

清き良い元旦に、ポストに入っている年賀状の束を見つけると

ああ!年賀状来てる!

って嬉しくなるんですよね。

郵便屋さん、お正月の勤務ありがとう!!!

私はアクティブに1日はお出かけしたりせず、2日から動くことが多いので

元日の午前中、テレビを見ながらこたつで家族分の年賀状を取り分けるのが

楽しみであったりもします。

とはいえ、年々年賀状の発行部数も減ってきていますし

ネット上での挨拶するスピーディさと気楽さ、ライトさも

よくわかります。

はがきを用意したり、印刷するのも大変!

という方は以下のようなサービスもあります。

LINEで年賀状が送れるサービスを利用する手も 日本郵政 スマート年賀

LINEで公式アカウントでともだち追加すると使える「スマート年賀」

LINEでの個人、グループなどにLINE上で年賀状が送れます!

年賀状スタイルの画像データ?をトーク画面に送れます。

住所がわからないLINEつながりの知人に紙の年賀状でも配達可能だそうです。

無料体験版もあるようですが、

テンプレートを使って作成したい場合は

有料パック(200円〜)に入るとのこと。

年賀はがきの1枚最低価格63円ですから数枚出せば元が取れそう。

ちょっと気になるサービスなので

私も利用してみます!

スマート年賀のサイトはこちら

スポンサーリンク




タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA