2020-09-14

『2021年版カレンダー史緒はんこ』発売開始❗️1ー12月掲載の偉人を紹介🗓


こんにちわ。

消しゴムはんこ作家の手づくりはんこ史緒(@fumiwo230)です。

2020年も9月半ばとなりました。

今年は猛暑の夏でしたが、このごろ少しずつ朝晩の気温が落ち着いてきましたね。

今年も秋を目の前にして
『2021年版レタープレスカレンダー史緒』がオリエンタルベリーさんより発売になりました!

2017年版からカレンダーをお取り扱いいただいて
5回目の発行です!ありがとうございます!

そこで
現在発売中の『2021年版レタープレスカレンダー』の
オススメ点をお知らせしまーす

毎月1人ずつ多彩な全12人の偉人が登場!

毎月ちがう偉人が、おもしろおかしいひとことで応援してくれます。

表紙 福沢諭吉

1月 シェイクスピア

2月 伊達政宗

3月 明智光秀

4月 紫式部

5月 正岡子規

6月 太宰治

7月 ベートーヴェン

8月 芥川龍之介

9月 前島密

「郵便の父」と言われる前島密がカレンダーに初登場です。

前島密ファンの私は地味に興奮しています。

10月 シューべルト

11月 織田信長

12月 マリリン・モンロー

モンローも初登場。一気に華やかな雰囲気に。

活版印刷を使った味のある風合い

レタープレス(活版印刷)で印刷しています。

活版印刷とは、カンタンに説明すると、金属もしくは硬質の樹脂でできた凸版(とつはん:飛び出た版)にインキをつけて、それに紙を押し付けて絵柄が紙に印刷されます。

インキのつきや、版を紙に押し付けるときの圧のちがいによって、1枚1枚刷り上がりにちょっとずつ違いが出たりします。

印刷した部分を指でさわると、ボコボコと手触りがあるのがすごーくわかります。店頭にサンプルなどがある場合は、ぜひ触って確認してみてください。

そんなインキと紙の物理的存在感バツグンのカレンダーです。

歴史好きの方へのプチギフトにちょうどよい

2020年の年末、
2021年のお正月と対面でのご挨拶やギフトがむずかしいかもしれませんが、お仕事上のお年始、歴史好きな方へのプチギフトにぜひオススメです。

クスっとわらえて、シンプルなデザイン。
オフィスやおうちで和みアイテムになってもらえたら
メッチャ最高です!

なかなか先のみえない時代ですが、淡々とした表情の偉人たちのように元気に目の前にあるやるべきことをやって、飄々と過ごせたら、とおもいます。

私もたいせつな人たちにプレゼントしたいと思います。

『2021年版レタープレスカレンダー史緒』のスペックは
以下のようなカンジです。

  • サイズ:75×125mm
  • 仕様:13枚
  • 卓上用
  • 日本製
  • 定価:780円+税

⇩デスク脇とかにちょこんと気軽なサイズ感です。

スマホアプリのカレンダー機能を活用するご時世だけど、こういう紙のカレンダーで全体を見渡すのも大事だよね〜

2021(令和3)年もぜひレタープレスカレンダー史緒を使ってくださいね!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA