2018-06-06

ピアノを手に入れました☆ほしいものを書き留めるのって重要☆


本日6月6日は「楽器の日
だそうですね。

さきほどツイッターで #楽器の日 と知ったので、先月15日に数年間ほしいと思い続けた電子ピアノを購入したことを書きます。

私は小学校低学年から中学校半ばくらいまでクラシックピアノを習っていました。そのころ実家でアップライトピアノを両親が与えてくれました。社会人になって、放っておいたアップライトピアノはスペースの関係で処分されました。私もピアノはほとんど弾くことが無く、まあいつか弾きたいなあくらいの気持ちでした。大人になってジャズピアノのCDなど聞いたりして、やっぱりピアノはいいなあと。そして渋谷WAVEでスヌーピーのCDを買って聴いてから、幼いころにテレビで観たスヌーピーのアニメのBGMがジャズでカッコ良かったことを思いだし、一気に大好きになりました。スヌーピーのCDをいろいろ聴くうちにVince Guaraldiというピアニストが弾いているスヌーピーの代表曲「Linus and Lucy」の虜に。いつかこの曲弾いてみたい!というのが20代の私の夢になりました。

しばらくは生活でいそいそして、40代になりだんだん心に余裕がでてきたのか、ああ、またピアノ弾きたいなあと思うように。2016年の手帳(ムーンプランナーという月の満ち欠けにそった不思議なレイアウトの手帳)にも「ジャズピアノが弾けるようになりたい」という願望を書きつづっていました。できたらアップライトピアノがほしいと思い、楽器店に下見に行くとあまりの高価さにビックリ。。私が仕事で使うMacが数台買えるし。あまりお金を使っちゃいけない、、大金使ったら夫に悪いなあ、、、と思って、心にフタをしました。まだ止めておこう、、、と。

諦めながらもそれでも手帳には「ピアノ手に入れる」とかアファメーションでしつこく書いてました。中古で買おうかとか、レンタルピアノとか代替案も。

今年4月になって来月5歳になる娘にプレゼントを考えていたら、ピアノをプレゼントしたらいいんじゃないか!と思いつき、で、ついでに私も弾けるし、なんて邪道な気持ち?でピアノ購入を計画し始めました。

かなり迷いましたけど、決めたのはRoland×カリモクのKiyolaです。これなら音の質も、モノとしてもデザインも、夫も気に入った様子。今の家に越してきたときにカリモク60のダイニングセットやテレビ台を揃えていたので、インテリアにも良い選択だったと思います。

いままでだらだらほしいー、ほしいーと書きつづっていただけだったのに、大事な娘のためとなると燃えるように準備し始めました。

ピアノをリビングに入れるために、↓スペース割りを考え、そのために新しい収納家具を購入したり、アップライトを入れるとリビングの壁の半分くらいをつぶしてしまうため、電子ピアノにしようと決断、色や購入店を吟味したり。(画像では収納家具はナチュラル色ですが、結局ピアノのウォールナットにあわせてダークブラウンにしました)

 

でなんだかんだで娘の誕生日5月15日に配送されるよう手配。ネットで注文するとき、確定ボタンを押す手が震えました。だって今まで一番高い買い物だったので。ウン十万とかのものを、ネットで買うのはこれが初めて。商品の詳細説明を1時間ちかく熟読して、確定押したあとは緊張から解かれたので気持ちが軽くなったよ。

 

 

まあ、娘の誕生日当日には結局娘のリクエストの強かったヌイグルミを別に用意するハメになりましたが…。娘もピアノが家に来たことに単純に喜んでいました。

まあほんとにこれは最初から自分へのプレゼントだったのですね。。。結婚後、欲しいなーと思ってからずっと購入することに遠慮してましたが、今は素敵なピアノを手に入れられたことを素直に喜んでいます。

 

Kiyoraの使い心地は、鍵盤も重めで引き心地も私のような趣味で弾く程度なら全然問題ないですし、なにより木の肌触りと香りに癒されています。Bluetooth でiPadとつなげて音楽アプリを使ったり、自動演奏を流しっぱなしにしたりして遊んでます。

 

 

欲しいものを正直に書いておく、って大事なことだと思いました。それが「無理そうだなあー」とか「お金かかるな」とか躊躇しても。自分は受け取っていいんだなーという時期にその夢なり希望が叶うんだと思いました。ムーンプランナーおすすめです。

 

↓最近は動画でレッスンしてます。便利になりましたね〜!「Linus and Lucy」もこのおかげでだいぶ弾けるようになりました。いつか即興もできるように、、、(これも手帳に書いておこう)

 

 

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA